科学の発展など昔より体を動かさなくなった現代社会で肥満が日本のみならず世界各国で社会問題になっています。その一方で医療の発展で食事をして、オーリスタットを服用すると脂肪分30%カットする薬が誕生しました。オーリスタットについて紹介します。

オーリスタットを飲む女性

オーリスタットにも停滞期があり、間食はダメ

オーリスタットは、一般的なダイエットの常識とされる食事制限や有酸素運動、禁酒などの日常の生活習慣を大きく改善する必要が無く、食後1時間以内に服用するだけで簡単に摂取カロリーをカット出来ますが、ある程度体重が落ちて来ると一般的なダイエットと同様にダイエット効果を実感する事が出来ない停滞期が訪れます。停滞期は、急激な体重の減少などに対するホメオスタシスや体内での体質改善などが行われている為、ダイエット効果を実感出来ないだけなので諦める事無くオーリスタットの服用を継続すれば、再び体重が落ち始めるので心配する必要は無いとされています。又、ダイエット効果が自覚出来無い停滞期やより大きなダイエット効果を期待して、服用薬の容量を増やしてもダイエット効果に大きな違いは無いとされています。実際に、オーリスタットを120mg含む医薬品の脂肪カット率は約30%ですが、オーリスタットを60mg含む医薬品の脂肪カット率は約25%と脂肪カット率に大きな違いが無い事が分かります。故に、飲み忘れた場合も、2回分服用することなく用法用量通りの1錠を服用します。オーリスタットは、飲食により体内に摂取された脂肪を分解する脂肪分解酵素リパーゼと共有結合する事でリパーゼの働きを阻害し、分解されない為に消化器系で吸収出来なかった脂肪を排泄します。その結果、オーリスタットは服用するだけで摂取した脂肪の3割をカットし、ダイエット効果を示します。その為、オーリスタットを服用していない間食は、ダイエットの妨げとなるので控える必要があります。しかし、脂肪分の少なくヘルシーな和食や飲食しない場合にはオーリスタットを服用する必要は無いとされています。